メニューを閉じる
2020年9月27日(日)

飲料・たばこ・嗜好品

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

アルミ出荷12%減 1~6月、自動車向け低迷響く

2020/7/29 14:23
保存
共有
印刷
その他

日本アルミニウム協会が発表した2020年上期(1~6月)のアルミ圧延品(板・押し出し類の合計)出荷量は、前年同期比11.7%減の85万1395トンだった。3年連続のマイナス。自動車向けの板類が21.6%減った。テレワーク拡大を追い風に電子通信装置向けが増えたが、工場休止による自動車向けの落ち込みが響いた。

自動車向けの需要落ち込みが響いた(神戸製鋼所の工場)

板類は10.7%減の52万3321トン。新型コロナウイルス感染拡大の影響による国内工場の休止と、前年同期の好調で減少幅が広がった。主要品目の缶材は外出自粛でコンビニや自動販売機の販売が減少し、3.8%減の20万5976トンだった。

一方、電子通信装置向けは44.7%増の1万658トンと大幅に増加した。あらゆるものがネットにつながる「IoT」によるデータセンター需要やテレワーク普及によるクラウドサーバー需要が貢献した。

押し出し類は13.3%減の32万8074トンとなった。最大の用途である建設向けが12.8%減と大きく減少した。年明け以降の住宅着工数減少や緊急事態宣言地域の工事中断が要因となった。

箔出荷量は4.3%減の5万2702トン。リチウムイオン向け(8.2%増)が堅調だったが、コンデンサー向けの年初の大幅減を補いきれなかった。

6月のアルミ圧延品(板・押し出し類)の出荷量は前年同月比19%減の13万3401トンだった。11カ月連続のマイナスとなった。生産台数減少と前年のパネル材好調による反動で自動車向けの板類が48.3%減と大きく減少した。一方で、家飲み需要で第三のビールやRTD(酎ハイ類)が好調となり缶材全体でプラスだった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

2210件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World