メニューを閉じる
2020年9月30日(水)

飲料・たばこ・嗜好品

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

山形県酒類卸、県内酒蔵統一ラベル 家飲み需要開拓

2020/7/29 20:16
保存
共有
印刷
その他

山形県酒類卸(山形県寒河江市)は27日、県内酒蔵に呼びかけ統一ラベルの酒「山形の『んーまいの』」を発売すると発表した。酒米や精米歩合などの情報は伏せ、初心者に飲みやすい商品として売り出す。新型コロナウイルスの影響で業務用需要が激減しており、家飲み需要を開拓する。

山形の方言「うまいもの」にちなんだ統一ラベルを貼った日本酒

まず8月1日、男山酒造や寿虎屋酒造など山形市内の3つの酒蔵が計3品を発売する。各社の代表的な酒を720ミリリットル入りの瓶につめ、統一ラベルを貼り同一価格(税込み1500円)で発売。「各社のスタンダードの酒を味わってほしい」(秀鳳酒造場)という。

日本酒は醸造法など様々な情報があり、「初心者が選びにくくなったり、人気銘柄に偏ったり、という問題があった」(県酒類卸)という。業務用需要が7~8割減少するなか、県内52の酒蔵に呼びかけて品ぞろえを増やすほか、県産ワインでも統一ラベルの販売を検討している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

2207件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World