メニューを閉じる
2020年7月13日(月)

飲料・たばこ・嗜好品

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

日医工、新型コロナでフサン生産5倍に 愛知工場に40億円

2020/5/18 16:00
保存
共有
印刷
その他

日医工は18日、新型コロナウイルス治療への効果が期待される急性膵炎(すいえん)薬「フサン」を増産すると発表した。これまでは全量を他社で委託生産していたが、自社の愛知工場(愛知県春日井市)に40億円を投じ、生産能力を委託分を含めて従来比約5倍の年300万本に高める。年内にも稼働する見込みで今後の需要増に備える。

日医工はフサンの増産を急ぐ(富山市の本社)

フサンはウイルスの細胞への侵入を抑制する効果があると考えられており、東京大学は新型コロナの治療に向けてフサンと抗インフルエンザ薬のアビガンを併用する臨床研究を進めている。愛知工場では最大で年200万本のフサン生産を見込む。

フサンは現在、年65万本程度を日本たばこ産業(JT)子会社の鳥居薬品で委託生産している。同社の生産能力は既に年100万本分あるといい、日医工としては鳥居薬品にも増産を求めていく方針だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

2528件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World