メニューを閉じる
2019年12月12日(木)

飲料・たばこ・嗜好品

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

オリオン社長「チューハイ事業を柱に」 女性ら獲得

九州・沖縄
2019/11/20 15:01
保存
共有
印刷
その他

オリオンビール(沖縄県浦添市)の早瀬京鋳社長兼最高経営責任者(CEO)は那覇市内で記者会見し、缶チューハイ事業を成長の柱に育てていく方針を示した。5月に参入した事業だが女性客の獲得につながっており「我々の中で優先順位が高い。酒類事業でも伸びているジャンルで、中長期的に勝てる領域だ」と述べた。

新たな缶チューハイ商品を発表したオリオンビールの早瀬京鋳社長(中、20日、那覇市)

同社は2020年3月までに中期経営計画を策定する予定だ。主力のビール事業とともに、缶チューハイ事業にも重点を置く見通しだ。

早瀬氏は「ビールはどちらかというと40歳代以上の男性だが、チューハイの登場で女性のお客様が増えた」と指摘。県産品とのコラボ商品をそろえるが「徹底的に県産品や県内企業にこだわり、驚くような商品を続々と出したい」と話した。

会見では缶チューハイ「WATTA(わった)」ブランドの第3弾を発表した。宮古島の「雪塩」を使ったシークヮーサー果汁入りの商品で、26日から県内を中心に発売する。「雪塩」は製塩会社、パラダイスプラン(同県宮古島市)、シークヮーサーはJAおきなわ(那覇市)が提供する。

「WATTA」の第1弾はシークヮーサー、第2弾はパッションフルーツの風味だった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

2615件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World