メニューを閉じる
2019年12月15日(日)

飲料・たばこ・嗜好品

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

キリンが体脂肪減らせるホップエキス、電通と普及へ

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2019/11/17 2:00
保存
共有
印刷
その他

NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

ビール原料のホップから生まれるのは、体脂肪を減らせるエキス――。こんな「おいしい」健康素材をキリンホールディングス(HD)が開発し、電通と共同で普及に取り組む。このほど両社が出資する新会社を設立。健康素材を体に摂取すると、体脂肪減のほか物忘れをしにくくする効果があるという。関心のある企業らに飲料・食品や化粧品などとして商品化するように促す。2020年内の発売を目指し、23年をめどに売上高数億円規模の事業へと育てる。

ホップを熟成してエキスをつくる(写真手前が収穫したホップ、瓶の中が完成した熟成ホップエキス)

ホップを熟成してエキスをつくる(写真手前が収穫したホップ、瓶の中が完成した熟成ホップエキス)

電通と共同出資の新会社は10月15日に設立した。社名は「INHOP」(インホップ)。資本金は900万円で、出資比率はキリンHDが51%、電通が49%となる。本社はキリンHDの本社の一角に置いた。社長にキリンHDの金子裕司研究員が11月1日に就いた。10月31日に開いた新会社設立の記者会見で金子社長は「ホップの力を活用し社会問題を解決する」と述べた。

キリンHDはビールの泡持ちを良くしたり、苦味のもとになったりするホップの新たな使い道として健康領域での応用展開を2000年代の初めから研究してきた。認知症の原因の1つとされる、脳内に老廃物がたまることを抑制する機能がホップの成分にあることがこれまでの研究でわかっていたが、食品に実用化するには苦味が強すぎた。

そこでホップを加熱・熟成することで苦味を穏やかにし、熟成前の10分の1相当に抑えた。ホップを熟成したのちに水で抽出する自社開発の健康素材「熟成ホップエキス」として量産にメドをつけた。

共同出資会社の社長に就いた金子裕司氏はキリンHDの健康技術研究所で熟成ホップの実用化に向けた研究を進めてきた(横浜市)

共同出資会社の社長に就いた金子裕司氏はキリンHDの健康技術研究所で熟成ホップの実用化に向けた研究を進めてきた(横浜市)

熟成ホップエキスの実用化第1弾として、傘下のキリンビールからノンアルコールビール飲料「カラダFREE」を10月15日に発売した。機能性表示食品として「お腹(おなか)まわりの脂肪を減らす」と表記した点が特徴だ。

欧州ではホップは古くから薬用ハーブの一種で鎮静作用などがあるとして健康食品などで実用化されている。熟成ホップエキスに限らず、慶応大学と研究開発中の乳製品に含まれる健康素材「βラクトリン」の実用化も目指す。

キリンHDは27年を最終年度とする長期経営構想を19年12月期に始動し、「医と食をつなぐ事業」と名づけた健康事業を立ち上げた。飲むことや食べることを通じて、病気を予防したり症状の進行を遅らせたりする。

キリンHDと電通の共同出資会社「INHOP」の金子社長(写真右)と高杉聡取締役兼最高執行責任者(同左)

キリンHDと電通の共同出資会社「INHOP」の金子社長(写真右)と高杉聡取締役兼最高執行責任者(同左)

8月には化粧品や健康食品を手掛けるファンケルと資本業務提携を結んだ。キリンHD単独でも、4月にグループを再編して医薬品原料やサプリメントを手がける協和発酵バイオを完全子会社にした。同月に新工場を稼働した体の免疫機能を高めるプラズマ乳酸菌は、「iMUSE(イミューズ)」ブランドとして海外展開も始めている。

(企業報道部 後藤健)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

2608件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月13日(金)14:20

官房長官 英総選挙「日系企業の円滑なビジネス継続を」[映像あり]

経財相 設備投資堅調「持続的成長の実現に期待」

12月13日(金)13:00