メニューを閉じる
2019年11月13日(水)

飲料・たばこ・嗜好品

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

羽ばたけ社会起業家の卵 課題解決のアカデミー
ボーダレス・ジャパン 鈴木雅剛副社長 後編(日経STARTUP X)

2019/10/11 6:30
保存
共有
印刷
その他

「ソーシャルビジネスで世界を変える」を標榜する社会起業家集団のボーダレス・ジャパン(東京・新宿)は国内外でいくつもの事業を立ち上げ、非営利法人などとは異なるアプローチで貧困や環境問題などの課題解決に取り組む。その事業モデルのつくり方とは。志を持つ人材をどう発掘するのか。動画配信サイト「Paravi(パラビ)」の日経オリジナル番組「日経STARTUP X」に出演した鈴木雅剛副社長が同社独自の方法論を解説した。

ボーダレス・ジャパンの東京オフィスには、社会起業家たちとその支援メンバーが1つのフロアに机を並べ、自由な雰囲気の中で仕事に取り組んでいる。課題を抱える人たちに手をさしのべるだけでなく、その経済力の向上や自立までを見据えて事業モデルを構築するのがボーダレス流。互いに助言し合いながらそれぞれのソーシャルビジネスを追求する起業家たちに、MC2人がインタビューしてみた。

鈴木雅剛(すずき まさよし)1979年生まれ。2004年横浜国大院卒、ミスミ入社。同期入社だった田口一成氏と07年にボーダレス・ジャパンを創業。田口氏は社長に。

鈴木雅剛(すずき まさよし)1979年生まれ。2004年横浜国大院卒、ミスミ入社。同期入社だった田口一成氏と07年にボーダレス・ジャパンを創業。田口氏は社長に。

ボーダレス・ジャパンは社会起業家の卵の発掘・育成にも熱心だ。昨年から始めたビジネススクール「ボーダレスアカデミー」には数十人の若者が集まり、事業プランの作成に知恵を絞る。「人と向き合い、社会課題を解決するビジネスを真剣に考える担い手が増えている」と鈴木副社長は若者たちの意識の変化を指摘し、今後の事業展開への期待を示した。

(2019年8月21日収録)

全編を動画配信サイト「パラビ」で配信しています
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

2633件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World