メニューを閉じる
2019年6月20日(木)

飲料・たばこ・嗜好品

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

米ブルックリンブルワリー日本法人、都内に旗艦店
クラフトビールのファン増やす

サービス・食品
2019/5/22 16:48
保存
共有
印刷
その他

キリンビールは22日、米ブルックリン・ブルワリーと共同出資する日本法人「ブルックリンブルワリー・ジャパン」(東京・中野)が2020年初めまでに旗艦店を東京都内に出店すると発表した。飲む相手や場所、気分に合ったクラフトビールを提供する。世界32の国や地域に進出するブルックリンが、体験型イベントや情報発信をする常設拠点は世界初という。

ブルックリンブルワリー・ジャパンは旗艦店を都内に出店することを発表した(写真右が平岡敬規社長)

同日、戦略発表会を都内で開いた。日本法人の平岡敬規社長は「(ブルックリンのビールが好きな)熱狂的なファンをつくる『ファンベースマーケティング』を展開する」と述べた。旗艦店の場所や規模など詳細は未定。

まずは渋谷や原宿、下北沢など新たな文化が生まれやすい地域でビールの体験イベントを開き、クラフトビールを味わってもらう計画だ。

キリンビールはブルックリン・ブルワリーと資本業務提携を結び、同社に約25%を出資。2017年2月にキリンが6割、残りをブルックリンが出資してブルックリンブルワリー・ジャパンを設立した。同社の販売量を19年に前年比で5割増やす計画を掲げている。

主力商品は「ブルックリンラガー」。6月からは「ブルックリンサマーエール」を主に飲食店向けに販売する。

キリンビールは1台のサーバーで4種類のクラフトビールを提供できる「タップ・マルシェ」を設置する飲食店を広げている。設置店の拡大により、ブルックリンのビールも取扱店が増える見通しだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

2623件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World