メニューを閉じる
2020年11月30日(月)

食品製造

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

岡山県津山市、農業振興の地域商社 津山信金と設立

岡山
中国
ビジネス
2020/10/19 19:28
保存
共有
印刷
その他

岡山県津山市は津山信用金庫(津山市)と、地元農畜産品の販売拡充を進める地域商社を月内に設立する。同市と周辺の鏡野、勝央、奈義、久米南、美咲の5町の農畜産品(加工品)を扱い、首都圏や関西圏などの大消費地や海外などで販路を開拓・確保。新商品の開発やブランド商品の育成、収穫体験など観光との連動にも力を入れ、生産者の所得向上を狙う。

首都圏などで使う地域農産品PRの展示パネル案

社名は「株式会社曲辰(かねたつ)」とし、市が5500万円、津山信金が500万円を出資。社長には公募の結果、市内で米穀粉や小麦粉、きな粉などの製造・販売を手がける半鐘屋社長の岡田裕治氏が就任する。同社で培った人脈やノウハウを活用、米、小麦、大豆、ブドウなど1市5町の農作物や加工品を中心に業容を広げる。

社員は非常勤役員なども含め6人でスタート。まず販売先確保や今後の収穫・出荷に向けての生産者との協議・契約を中心に進め、来年以降の産品の本格出荷に備える。

同市周辺は農村生産者が高齢化し、営農継続が先細る懸念が強まっている。このため市は2018年7月に農林部を設置。19年6月に地域商社を核にしたビジネスモデルを打ち出し、津山信金と設立を検討、今年4月には設立協議会を設置し、準備を進めてきた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

11205件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World