メニューを閉じる
2020年11月30日(月)

食品製造

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

塩野義の今期、純利益2%減に上振れ 渋谷のビル再開発で利益

2020/10/30 14:14
保存
共有
印刷
その他

塩野義製薬は30日、2020年4~9月期の連結決算(国際会計基準)発表にあわせ、21年3月期(今期)の連結純利益が前期比2%減の1197億円になるとの見通しを示した。従来予想(15%減の1036億円)から上方修正した。保有するシオノギ渋谷ビルの再開発計画を巡り、再開発組合との権利変換に伴う「交換益」の発生が利益を押し上げる。

売上高に相当する売上収益予想は5%減の3181億円(従来は3%減の3235億円)に下方修正した。国内の医薬品事業では、抗インフルエンザ薬「ゾフルーザ」を含めた感染症薬などの収益計画が下振れする。

20年4~9月期の連結決算は、売上収益が前年同期比9%減の1484億円。純利益が9%減の493億円だった。国内での薬価改定や、米国で前期に計上した共同販売契約に伴う一時金がはく落したことなどが響いた。

同時に自己株式を除いた発行済み株式総数の3.1%に相当する950万株、総額500億円を上限とする自社株買いも発表した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

11205件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World