メニューを閉じる
2020年8月11日(火)

輸送用機械

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

人工衛星で被災状況収集 埼玉・東松山市が協定

台風19号
2020/6/29 19:50
保存
共有
印刷
その他

埼玉県東松山市は29日、人工衛星を活用した技術開発やデータ分析を手掛けるリモート・センシング技術センター(東京都港区)と災害時の衛星利用に関する協定を結んだ。同センターと密接な関係の宇宙航空研究開発機構(JAXA)の地球観測センターが近隣の鳩山町にあることから、協力が実現した。

市内で地震や水害など大規模な自然災害が発生した場合、センターが人工衛星経由で取得した被災状況の詳細な画像データなどを収集する。被災後のデータを市の地図やハザードマップと重ね合わせるなどし、迅速な災害対応につなげる。

昨年の台風19号では東松山市内でも河川の決壊など大きな被害が生じ、災害情報の正確な把握が課題になっていた。市危機管理課の担当者は「国レベルで活用される高水準の技術を地域で活用できるメリットは大きい」と期待する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

10506件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World