メニューを閉じる
2020年4月6日(月)

輸送用機械

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

島津製作所、航空機の表面検査を効率化 浅いキズも検出

2020/2/10 15:58
保存
共有
印刷
その他

航空機体を非接触で検査できる

航空機体を非接触で検査できる

島津製作所は超音波とレーザーを使って航空機の機体のキズなどを検査する装置を発売した。超音波が機体表面を伝わる様子をカメラで撮影し、欠陥を検出する。従来は作業員が目視や打音などで調べていた。機体数の増加に比べ追いつかない作業員不足に対応する。

新装置「MIV-500」は主力の分析機器などで使う音や光の解析技術を応用した。キズや部材同士のはがれ、塗料の浮き具合を検出できる。超音波とレーザーを組み合わせ、従来より浅い傷でも検出できるという。価格は800万円(税別)で、航空機メーカーや保守会社に年50台の販売を見込む。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

857件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World