メニューを閉じる
2021年10月27日(水)

輸送用機械

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

国産旅客機「YS-11」初飛行(1962年) 聖火輸送、戦後復興の象徴

2020/2/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

1962年8月30日、戦後初の国産旅客機「YS-11」が名古屋空港で初飛行した。官民出資会社、日本航空機製造が開発した全長26メートル、全幅32メートルの双発プロペラ機で、エンジンは英ロールス・ロイス製。64年の東京五輪には聖火の国内輸送に使われるなど「戦後復興の象徴」だった。182機を生産し、海外にも輸出されたが、採算の悪化で73年に生産が終了。2006年に国内の定期路線から退役となった。

日…

[有料会員限定]この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

7810件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World