メニューを閉じる
2022年5月26日(木)

造船

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

日本郵船、ノルウェー社と液化CO2輸送の船舶開発

サービス・食品
2022/1/18 18:28
保存
共有
印刷
その他

日本郵船は18日、ノルウェーのクヌッツェン・グループと、液化二酸化炭素(CO2)を輸送する船舶開発などの合弁会社を設立すると発表した。クヌッツェンが保有する常温での液化CO2輸送・貯留技術を活用する。

日本郵船などは新会社を設立し、液化CO2輸送船の開発を進める(写真はイメージ)

日本郵船などは新会社を設立し、液化CO2輸送船の開発を進める(写真はイメージ)

新会社の名称は「クヌッツェン・エヌワイケイ・カーボン・キャリアーズ」。日本郵船とクヌッツェンが折半出資するが、出資額は公表していない。

脱炭素社会の実現に向け、排出されたCO2を回収して再利用したり、地下に貯留したりするCCUSという技術が注目されている。液化CO2輸送船を開発し、CCUSのバリューチェーンや、液化CO2関連のプロジェクト参画を目指す。

日本郵船は液化CO2輸送船を所有していない。クヌッツェンは常温で液化CO2輸送・貯留が可能になる技術「PCO2®」を持っており、これを船の開発に活用する。PCO2®に限らず、低中圧型の液化CO2輸送船の開発も検討する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

921件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World