メニューを閉じる
2021年12月7日(火)

造船

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

米GEの7~9月、純利益1370億円 通期予想を上方修正

北米
エレクトロニクス
2021/10/26 23:06
保存
共有
印刷
その他

GEの7~9月期業績は2四半期ぶりに最終黒字となった=ロイター

GEの7~9月期業績は2四半期ぶりに最終黒字となった=ロイター

【ニューヨーク=中山修志】米ゼネラル・エレクトリック(GE)が26日発表した2021年7~9月期決算は、最終損益が12億ドル(約1370億円)の黒字(前年同期は11億ドルの赤字)だった。新型コロナウイルス危機で低迷していた航空機エンジン部門が持ち直し、12月期通期の1株利益の見通しを上方修正した。

最終黒字は2四半期ぶり。売上高は前年同期比1%減の184億ドルだった。

航空機エンジン部門は米ボーイングの小型機「737MAX」の出荷再開や旅客機のメンテナンス需要の回復により売上高が同10%増加した。航空会社の新造機への投資が戻り始め、エンジンなどの新規受注は69%伸びた。

一方、医療機器部門は半導体や樹脂などの調達難に伴い医療用スキャナーの生産が滞り、売上高が5%減少した。部材不足は年内いっぱい続く見通し。再生可能エネルギー部門は新規受注が65%伸びたものの、風力発電設備の税控除の拡充を見越した建設の延期などで7%の減収となった。

ラリー・カルプ最高経営責任者(CEO)は「航空機市場は復調が続いている」と述べ、「世界的なサプライチェーンの混乱など困難な状況下でも収益力は上向いている」と説明した。通期の調整後1株利益の見通しを従来予想の1.20~2.00ドルから1.80~2.10ドルに引き上げた。

過去に住宅ローン事業などで巨額の損失を計上した金融部門のGEキャピタルは、航空機リース事業を11月1日に売却して解散する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

1019件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World