メニューを閉じる
2021年11月29日(月)

造船

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

和幸船舶、新潟・佐渡航路参入を発表 まずおけさ柿輸送

サービス・食品
新潟
兵庫
信越
2021/10/25 18:10
保存
共有
印刷
その他

カーフェリー「粟国」

カーフェリー「粟国」

船舶運送・内航海運の和幸船舶(神戸市)は25日、新潟県の羽茂港(新潟県佐渡市)と直江津港(新潟県上越市)を結ぶ佐渡航路に参入すると発表した。まず30日、佐渡名産のおけさ柿輸送の試験運航をする。安井和弥専務は「幅広い佐渡産品を本土側に届けていきたい」と話している。

26日に直江津港でコンテナを積み込み、27日に直江津港から羽茂港に向かう。28日からコンテナに羽茂農業協同組合(JA羽茂、佐渡市)のおけさ柿を積み込む。30日午前10時に羽茂港を出発し、午後1時に直江津港に到着する計画だ。

和幸船舶は1988年に事業を始めた。従業員数は約70人。佐渡航路では、船齢19年のカーフェリー「粟国(あぐに)」を運航する。長さ65メートル、幅11.6メートルで、大型トラック6台、乗用車10台を積載できる。新潟県の花角英世知事は8月の記者会見で「選択肢が広がるのは歓迎すべきことだ」と述べていた。

【関連記事】和幸船舶、新潟で貨物船事業に10月参入 佐渡と上越結ぶ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

1033件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World