メニューを閉じる
2020年11月27日(金)

家庭用電気機器

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

トヨタ・パナ電池会社、生産性10倍に 中国勢に対抗

兵庫
東京
関西
関東
自動車・機械
環境エネ・素材
2020/10/27 19:30
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車パナソニックが設立した車載電池会社「プライムプラネットエナジー&ソリューションズ」(PPES)は電池開発や生産準備にかかる工程の生産性を10倍に引き上げる。自動車メーカーごとに個別開発していた電池部材の共用化などに取り組み、開発にかかるコストと時間を削減する。規模拡大を急ぐ中国勢に生産性向上で対抗する。

プライムプラネットエナジー&ソリューションズの好田博昭社長

好田博昭社長が27日、日本経済新聞社などのインタビューで明かした。PPESは高出力が求められるハイブリッド車(HV)用電池で2019年のシェアは25%で1位だ。一方で普及の進む電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)向けの高容量電池では、シェアは3%で8位につける。

好田社長は「当社の電池は安全性や品質が強みで、長期間使ってもらうと分かる」と話す。EV向け電池についてはシェア1位の中国の車載電池大手、寧徳時代新能源科技(CATL)を念頭に「チャレンジャーだ。規模やコストで先行する競合にキャッチアップしていきたい」と話す。一方で「高い目標だが、当社の生産性が10倍になれば(中国勢にも)勝てる」とした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

4307件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World