メニューを閉じる
2020年9月23日(水)

家庭用電気機器

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ルネサス、5G向け無線増幅半導体

2020/8/5 16:38
保存
共有
印刷
その他

半導体大手のルネサスエレクトロニクスは5日、次世代通信規格「5G」などの基地局向け半導体製品を9月から量産すると発表した。基地局のアンテナを駆動させるために無線信号を増幅させる機能を担う「RFアンプ」と呼ばれる製品で、消費電力を抑えたのが特徴だ。国内外で整備が進む5G基地局の需要を取り込む。

新製品「F1490」のサンプル出荷を開始した。5Gで使う「サブ6」と呼ばれる6ギガヘルツ未満の周波数帯に対応し、消費電力は75ミリアンペアと同社のRFアンプ製品の中では最小の水準だ。2種類の信号の増幅幅を設定でき、基地局メーカーなどの設計に柔軟に対応できるという。

総務省が6月、2023年度末までに当初計画の3倍となる約21万局の5G基地局を整備する方針を示すなど、5G基地局整備の機運が高まっている。ルネサスの柴田英利社長も「インフラ事業では5Gの市場が立ち上がってきた」と話す。

ルネサスの20年4~6月期の「産業・インフラ・IoT向け事業」の売り上げ収益は1~3月期比で11%増えた。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で自動車向けが22%減となるなか、業績の下支え役となっている。(広井洋一郎)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

4266件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World