メニューを閉じる
2020年4月10日(金)

家庭用電気機器

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

KDDIなど、5G活用で建設機械を遠隔操作

5G
2020/2/14 18:17
保存
共有
印刷
その他

KDDI大林組NECと共同で、次世代通信規格「5G」を活用して建設機械を遠隔操作する実証実験をこのほど実施した。各建設機械につけたカメラの映像を5G基地局を経由して現場から離れた管理室に伝送。管理室から建設機械を操作し、掘削や土砂の運搬など道路の造成を実証した。将来は熟練工1人が遠隔で複数の現場を管理できるようにする。

KDDIは大林組、NECと共同で5Gを活用した実証実験を実施。リアルタイムで建設機械を遠隔操作できる

実証実験は建設中の川上ダム(三重県)内で3日~14日に実施。道路造成工事の一連の作業を遠隔操作と自動運転でできることを実証した。

大容量のデータを遅延が少なく通信できる5Gの特徴を活用した。油圧ショベル、クローラキャリアという運搬車両、ブルドーザーの建設機械3台に合計12台のカメラを設置。カメラの映像を管理室に向けて5Gでリアルタイムに通信することで遠隔操作を実現した。

地面をならす振動ローラ車には自動運転機能を搭載。車両につけた加速度センサーのデータなどを管理室に送ることで、遠隔で機械の状況を把握できるようにした。

KDDIが5Gのインフラ環境を構築し、大林組が建設機械の自動運転や遠隔操作のシステムを担当。NECが5G基地局から管理室までの無線通信を提供した。

建設業は作業員の高齢化と人手不足が進んでいる。5Gを活用した建設機械の遠隔操作で、施工の効率化を見込む。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

4182件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World