メニューを閉じる
2019年12月16日(月)

家庭用電気機器

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

シャープ、1~2人用の自動調理鍋 時短需要にらむ

2019/11/15 18:01
保存
共有
印刷
その他

従来品に比べ、容量や設置幅を小さくした

従来品に比べ、容量や設置幅を小さくした

シャープは自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」の1~2人用の新モデルを28日に発売する。具材を入れるだけで加熱具合や混ぜ加減を自動で調整する時短家電で、ファミリー向けの従来品に比べ、容量を大きく減らした。仕事が忙しい単身者や少人数世帯の需要を見込む。

カレーなど煮込み中心に様々な料理が自動でできる機能は変えず、容量を1リットルと従来品(1.6リットルまたは2.4リットル)から大きく減らした。モーターなど内部の部品を見直した。小さなスペースにも置きやすいよう横幅も4割短くした。

ホットクックのみで食事の準備を整えたい単身者を想定し、煮込みと並行して蒸し料理ができる蒸し器を新たにつけた。鍋の上部に設置し、煮込みの蒸気で蒸し野菜などができる。想定価格は税別4万5000円前後。

従来品と同様、ネットでつながる「IoT」に対応しており、スマートフォン(スマホ)とつなげても使える。専用のアプリでメニューをダウンロードして調理可能な品数を増やせる。メニュー数は順次拡大する。

ホットクックは2015年発売。家事の時間短縮につながる点が人気で、単身者向けではこうした需要がより顕著とみて、開拓を急ぐ。23年度に累計販売台数で100万台(19年9月時点で20万台)を目指す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

4268件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World