メニューを閉じる
2021年1月16日(土)

製造用機械・電気機械

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

太陽光パネルの国内出荷量、7~9月は22%減

2020/11/27 19:31
保存
共有
印刷
その他

太陽光発電協会(東京・港)は、2020年7~9月の太陽光パネル国内出荷量が前年同期比約22%減の約128万キロワットだったと発表した。出荷量の半分以上を占める大規模太陽光発電設備(メガソーラー)が落ち込んだほか、住宅向けなども減少した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、設置事業者の営業活動が停滞したことなどが原因とみられる。

2020年7~9月の太陽光パネル国内出荷量は前年同期比で約22%減少した

住宅向けは約22万キロワットで約18%の減少となった。非住宅向けの出荷量は約22%減の約106万キロワットだった。非住宅向けのうち、オフィスや工場など一般事業向けの太陽光パネル出荷量は約35%減の約31万キロワットだった。あるパネルメーカーの販売担当者は「新型コロナによる景気の悪化で、手元に現金を確保したい中小企業などが太陽光の導入を見送るケースがあった」と話す。

メガソーラーなど500キロワット以上の大型施設向けは約15%減の約75万キロワットだった。

国内で太陽光パネルを販売している34社に対して調査し、27社から回答を得た。海外企業の出荷量は約11%減の約79万キロワット、国内企業は約34%減の約49万キロワットだった。

環境意識の高まりから、太陽光発電の導入量は長期的には拡大する見込みだ。ただ、新型コロナによる経済停滞が続けば、パネル出荷量の減少も続きそうだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

6903件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World