メニューを閉じる
2020年11月24日(火)

製造用機械・電気機械

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

キーエンスの4~9月、純利益14%減 中国回復も補えず

2020/10/30 20:30
保存
共有
印刷
その他

キーエンスが30日発表した2020年4~9月期の連結決算は、純利益が前年同期比14%減の843億円だった。新型コロナウイルスの影響で国内や欧米で企業の設備投資が鈍り、ファクトリーオートメーション(FA)機器向けセンサーの販売が低迷。中国事業は回復傾向だが、他地域の落ち込みを補えなかった。

売上高は14%減の2387億円だった。省人化に向けた設備投資が抑制されたほか、研究開発などに使う計測器の販売も不振だった。足元の市場動向について「国内を中心に景況感が改善せず、製造業で設備投資に慎重な動きが続いている」(同社)としている。

地域別では国内の売上高が20%減と落ち込みが大きかった。全体の6割弱を占める海外売上高は8%減った。「欧州・その他」が22%減、「北中南米」が16%減だったが、経済の回復が進む中国を含む「アジア」は5%増だった。

21年3月期通期の業績予想は引き続き公表していない。今後については「先行きは見通せないが『3密』回避のために工場の自動化が進み、センサー需要が増える」(同社)との見方も示した。

29日時点の市場予測平均(QUICKコンセンサス)では、21年3月期の売上高が前期比6%減の5161億円、純利益は6%減の1860億円となっている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

6939件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World