メニューを閉じる
2020年4月2日(木)

製造用機械・電気機械

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

トヨタと豊田織機、HV電池共同開発 電池調達を拡充

2020/2/20 16:14
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車豊田自動織機は20日、ハイブリッド車(HV)向けの新型車載電池を共同で開発すると発表した。トヨタが得意とするHV向けと、豊田自動織機のフォークリフト向けのそれぞれの電池技術を持ちよる。自動車への環境規制の強まりで電動車への需要が広がるなか、トヨタは電池調達網を広げる。

豊田自動織機の共和工場(愛知県大府市)

両社は従来のリチウムイオン電池よりも高出力で高寿命、小型の新型電池を開発して、トヨタのHVに搭載する。豊田自動織機の共和工場(愛知県大府市)と、東浦工場(愛知県東浦町)の隣接地に建設する新建屋で生産する。投資額や生産規模は未定だ。

トヨタはHVや電気自動車(EV)など電動車の販売を、25年に19年比で2.8倍の550万台に伸ばす計画を持つ。トヨタは4月にパナソニックとHVやEV向け車載電池事業を手掛けるプライムプラネットエナジー&ソリューションズを設立するほか、子会社のプライムアースEVエナジー(PEVE)も新工場の建設を進める。19年6月にはEV向け電池の調達で中国・寧徳時代新能源科技(CATL)や比亜迪(BYD)などとの提携に踏み切っている。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

2193件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World