メニューを閉じる
2020年3月31日(火)

製鉄・金属製品

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

1月の国内粗鋼生産1.3%増 反動で7カ月ぶり増加

2020/2/21 14:48
保存
共有
印刷
その他

日本鉄鋼連盟(鉄連)は21日、1月の国内粗鋼生産量が前年同月比1.3%増の824万4千トンだったと発表した。前年同月の生産量が高炉大手の生産トラブルで低水準だった反動で、7カ月ぶりに前年実績を上回った。足元では米中貿易戦争の長期化による自動車や機械向けの輸出の低迷や内需の減少が続く。新型肺炎の影響が今後、顕在化する可能性もある。

世界景気の減速の影響が続く(JFEスチールの製鉄所)

炉別の生産量は高炉でつくる「転炉鋼」が前年同月比5.6%増の647万3千トンと6カ月ぶりに増えた。2019年1月はJFEスチールの高炉トラブルなどで生産量が減っており「反動による増加が大きい」(鉄連)。スクラップ(くず鉄)でつくる「電炉鋼」は12%減の177万1千トンと11カ月連続で減った。

足元では主力の輸出向けの減少が続き、国内外とも需要減が続く。「東南アジアやインド、欧州など世界各地で経済が減速し、鉄鋼需要が減速している」(JFEホールディングスの寺畑雅史副社長)。高炉大手では日本製鉄が製鉄所の閉鎖や高炉休止などの合理化を決めた。JFEスチールも東日本製鉄所の一部ラインの休止を決めた。

19年の普通鋼鋼材受注量は前年比4.7%減の6291万トンで09年以来、10年ぶりの低水準だった。新型肺炎の影響で、今後は高炉大手の主要顧客である自動車メーカーなど製造業の一段の需要悪化も懸念される。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

2210件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World