メニューを閉じる
2020年3月29日(日)

製鉄・金属製品

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ワールドHDと東邦チタニウム、技術継承へ人材会社

2020/2/20 20:09
保存
共有
印刷
その他

ワールドホールディングス(HD)と東邦チタニウムは20日、素材メーカーの人材ビジネスに特化した新会社を共同出資で設立すると発表した。新会社が東邦チタニウムの若松工場(北九州市)などで構内作業にあたる協力会社をまとめ、採用や技術継承に悩む協力会社の人材や経営を引き受ける。

まず東邦チタニウムの拠点で200人規模の人材管理を始める(20日、北九州市)

他の素材企業にも同様の仕組みを売り込み、7~8年後をめどに売上高100億円を目指す。

ワールドHD傘下の人材サービス会社、ワールドインテックが55%、東邦チタニウムが45%出資し、4月1日付で「TOHOWORLD」(同)を設立する。新会社は東邦チタニウムの協力会社20~30社を対象に3年で200人程度をまとめ、人事制度や待遇を統一して各拠点に送り込む。

記者会見した伊井田栄吉ワールドHD会長兼社長は「協力会社のヘッドとなり、競争力を持つ日本の素材産業をサポートする」と述べ、東邦チタニウムを含むJX金属グループをはじめ、北九州地域に集積する鉄鋼や化学メーカーなどを開拓する方針を示した。

東邦チタニウムの若松工場は2021年に電子材料のニッケル粉の工場棟を増設する計画だが、同社全体で「協力会社の技術者高齢化や働き方改革に対応した労務管理などが課題」(松原浩取締役)という。

会見に同席した北九州市の北橋健治市長も「重化学工業の現場では人材確保が非常に切実な状況。(新会社は)生産性や待遇を高めていく一助になる」と期待した。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

2214件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World