メニューを閉じる
2021年2月25日(木)

電力・ガス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

発電燃料がアジアで高騰 重油や石炭、LNG高が波及

環境エネ・素材
2021/1/23 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アジアの電力需要は高水準(中国河北省)=ロイター

アジアの電力需要は高水準(中国河北省)=ロイター

重油や石炭といった発電燃料のアジア価格が軒並み上昇している。寒波による電力需要の増加を受け液化天然ガス(LNG)が急騰し、代替需要の観測などから重油は今冬に入り2割近く、石炭は3割値上がりした。日本の主力電源を担う火力発電の燃料高騰は電気料金の上昇圧力になる。

【関連記事】
新電力、料金2倍に高騰も 需給逼迫で卸価格が急上昇
「LNGパニック」、寒波以外に4つの理由
電力需給の逼迫が突きつけた脱炭素の課題

LNGのアジアのスポット価格は1月中旬までの1カ月で3倍に高騰し、一時は100万BTU(英国熱量単位)あたり30ドルを超す最高値を付けた。寒波に見舞われた東アジアで需要が急増したほか、米国などからのタンカー輸送が滞り供給が急減した。

影響は発電燃料全体に及ぶ。石油火力発電の燃料となる重油のスポット価格は1トン450ドル前後と2020年12月以降に17%ほど上昇。11カ月ぶり高値…

[有料会員限定]この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

4009件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World