メニューを閉じる
2020年10月21日(水)

電力・ガス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

関西電力、原発立地の福井県で取締役会 金品問題で改革

2020/9/18 16:27
保存
共有
印刷
その他

関西電力は福井県美浜町で初めて取締役会を開く(同町にある美浜原子力発電所)

関西電力は福井県美浜町で初めて取締役会を開く(同町にある美浜原子力発電所)

関西電力は18日、福井県美浜町の原子力事業本部で取締役会を28日に開くと発表した。大阪市の本店以外での開催は初めて。金品受領問題の再発防止や信頼回復に向け、経営層と現場の距離を縮め、風通しの良い組織の構築につなげる狙い。

榊原定征会長ら社外取締役8人を含む取締役13人全員が出席し、うち社外取1人はオンラインでの参加となる。社外取は現場の中堅・若手従業員と意見を交わし、大飯原子力発電所(同県おおい町)3、4号機の視察もする。

金品受領問題には原子力事業本部の役職員が多く関与していた。第三者委員会は3月に公表した調査報告書で「特殊性に起因して閉鎖的な村社会が形成されていた」と分析、同本部に対する組織的なガバナンス(企業統治)が不十分だったと指摘した。

これを受け関電は3月末に策定した業務改善計画に、取締役会などの重要会議を定期的に同本部で開く方針を盛り込んだ。当初は6月末までの実現を目指したが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で遅れていた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

3858件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World