メニューを閉じる
2020年9月29日(火)

電力・ガス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ガス管が変形、腐食した穴 福島・郡山の飲食店爆発

2020/8/4 20:35 (2020/8/4 23:52更新)
保存
共有
印刷
その他

福島県郡山市の飲食店で起きた爆発で、県警の現場検証で見つかった調理場のガス管が変形し、その部分がさびて穴が開いていたことが4日、捜査関係者への取材で分かった。店は4月下旬から休店していたが、爆発があった7月にガス使用量が急増していたこともメーターの記録から判明。県警は7月に入り、この穴からガスが漏れた可能性が高いとみている。

捜査関係者によると、こんろに近い部分のガス管が、くの字形にやや屈曲し、その外側に近いところがさびて穴が開いていた。さびの状況から穴は爆発前にできたとみられる。何らかの力がガス管に加わったことで変形した可能性がある。

屋外に設置されたプロパンガスのボンベの栓は開いたままだった。メーターの記録は5、6月はガスの使用量はほぼゼロだったが、7月はガスが使用されたことを示していた。店は改装中で、工事にかかわった業者の一人が「爆発前日に調理場で下水のような異臭がしていた」と話しており、県警は業務上過失致死傷容疑も視野にガス漏れとの関連について調べる。

爆発は飲食店「しゃぶしゃぶ温野菜郡山新さくら通り店」で7月30日午前9時前に発生。改修工事業者の古川寛さん(50)が亡くなり、19人が重軽傷を負った。同店が全壊した他、周辺の建物184棟でガラスが割れるなどの被害が出た。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

3868件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World