メニューを閉じる
2020年8月13日(木)

電力・ガス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

東電PGやヒューリック、データセンター開発で協業検討

2020/7/13 17:59
保存
共有
印刷
その他

送配電事業者の東京電力パワーグリッド(PG)は13日、データセンターの開発でヒューリック関電工と協業を検討すると発表した。施設や設備の運用ノウハウや施工技術を持ち寄り、都市部で新規開発を目指す。デジタル技術を使って企業活動を効率化する動きが広がるなか、需要が伸びるデータセンター事業を収益源に育てる。

3社はまず東京都心での開発を視野に入れる。データセンターは土地を確保しやすい郊外に建てられる場合が多いが、都心に設置することでデータ転送の遅延を減らせるという。

東電PGグループは国内でデータセンターの運営実績があり、知見を生かす。ヒューリックは物件の提供、関電工は設備の施工をそれぞれ担う方向で検討していく。

東電PGは電力会社から得る送電線の使用料が売上高の大半を占め、それ以外の事業で2026年度までに1000億円の売上高を目指している。今回の事業を軌道に乗せ、目標達成に弾みをつけたい考えだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

3935件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World