メニューを閉じる
2020年8月14日(金)

電力・ガス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

東北電力、奥会津に水力発電紹介施設

2020/7/13 16:40
保存
共有
印刷
その他

東北電力は福島県の奥会津地域に水力発電の紹介施設「東北電力奥会津水力館」(金山町)を開設した。水力発電の仕組みや歴史、奥会津を流れる只見川を描いた絵画などを展示し、地元の魅力も紹介する。イベント会場に利用できる多目的スペースも設置した。入館料は無料で、月曜日と年末年始が休館日。新型コロナウイルス対策として見学については19日まで奥会津地域の住民に限定する。見学日の前日までに電話で申し込む。

「東北電力奥会津水力館」は9日にオープンした(福島県金山町)

東北電は205カ所の水力発電を所有しており、国内最多だ。さらに奥会津地域にある9カ所の水力発電所で約79万キロワットの発電量があり、総出力の3割ほどを占める。水力館の構想は2010年にまとめられたが、東日本大震災などを受け計画が見直されていた。

水力館は国道252号沿いにある金山町の道の駅「奥会津かねやま」に隣接する。東北電の初代会長を務めた白洲次郎氏が携わった只見川の電源開発の歴史や水力発電の仕組みを映像やタッチパネルで紹介している。画家として活躍する片岡鶴太郎さんが描いた奥会津の絵画なども展示されている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

3925件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World