メニューを閉じる
2019年10月18日(金)

電力・ガス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる業界をフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

東北電東通原発の断層調査1カ月延長

2019/9/17 20:12
保存
共有
印刷
その他

東北電力は東通原子力発電所(青森県東通村)の敷地や周辺で実施している断層の補足調査を、当初の9月末完了から1カ月延長し10月末までの調査完了を目指すと発表した。一部敷地内を通る一切山(ひときりやま)東方断層を対象としたボーリング調査のうち、最深部(600メートル)まで掘削する1本について地質状況などから作業に時間がかかっているためと説明している。

補足調査期間の延長による安全対策工事の完了時期(2021年度中)への影響はないとしている。

東北電の東通原発は現在、原子力規制委員会による新規制基準適合性の審査会合で一切山東方断層が「震源として考慮する活断層」に該当するか否かの審査が進められている。東北電は地下深部の地質構造の解釈などについて追加説明を求められたため19年3月末から補足調査している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

4407件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

業界一覧

  • QUICK Money World