メニューを閉じる
2022年1月29日(土)
6752 : 総合電機
東証1部(優先)
日経平均採用 JPX日経400採用

【電機大手】家電を事業基盤に電気自動車の電池や住宅関連、企業向けシステムに注力。

現在値(15:00):
1,246.5
前日比:
+34.5(+2.85%)

4Kテレビ、国内最多の12機種に パナソニック

2014/9/25付
保存
共有
印刷
その他

パナソニックは25日、解像度がフルハイビジョン(HD)の約4倍(4K)の液晶テレビ「ビエラ」7機種を10月17日に発売すると発表した。機種数は現在の5機種から12機種に増えて国内最多となる。上位機種ではテレビに話しかけて録画予約ができる音声認識機能を業界で初めて搭載した。同社は4Kテレビで出遅れたが、今回の新製品投入で巻き返す。4Kテレビの国内シェアを早期に現状の約20%から25%に引き上げたい考えだ。

斜めから見ても色彩豊かなパナソニック「ビエラ」の新型4Kテレビが並ぶ(25日、東京都江東区)

新型4Kテレビの目玉となるのが上位機種の「AX900シリーズ」。テレビに話しかけると録画予約だけでなく、番組検索などもできる。「IPS」と呼ばれる広視野角の液晶パネルも採用し鮮明な映像を見られる。55型の「TH-55AX900」では想定価格(税抜き)が50万円前後。

パナソニックが4Kテレビに参入したのは13年10月で、当時は1機種だけ。テレビ事業担当の楠見雄規役員は「遅れを取り戻すのに時間がかかっていたが、今回はノウハウや技術など思いつく限り盛り込んだ」と強調する。今回発売する7機種では画面サイズも40~85型までそろえている。

同社によると、今年度の薄型テレビの国内需要は前年度比8%増の600万台となる見通し。地上デジタル放送の特需の反動で低迷が続いてきたが、「今後は買い替え需要が本格化し、20年に1千万台市場に回復する」(中島幸男常務役員)。

パナソニックの今年度の販売計画(約900万台)に占める国内の割合は1割強だが、中国などに比べ価格の下落が少なく採算が確保しやすい。新製品投入で赤字が続くテレビ事業の早期黒字化を狙う。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

1258件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World