メニューを閉じる
2021年8月5日(木)
3232 : 陸運
東証1部(優先)

【バス大手】近鉄系。三重県に路線網。持ち株会社化で総合力発揮。

現在値(15:00):
478
前日比:
-5(-1.04%)

FRB副議長、利上げ条件 「22年末に整う可能性」

金融政策
経済
北米
金融
2021/8/4 23:23 (2021/8/5 2:46更新)
保存
共有
印刷
その他

 ワシントンにある米連邦準備理事会(FRB)=共同

ワシントンにある米連邦準備理事会(FRB)=共同

【ワシントン=大越匡洋】米連邦準備理事会(FRB)のクラリダ副議長は4日の講演で、米経済は回復期から拡大期に入ったと指摘し「2022年末には利上げの条件が満たされると考えている」と述べた。23年にゼロ金利を解除するという現在の政策見通しを支持する考えを表明した。

クラリダ副議長は「23年に金融政策の正常化を始めることは我々の柔軟な平均インフレ目標の枠組みと完全に一致する」と語った。FRBの米連邦公開市場委員会(FOMC)参加者の6月時点の政策見通しでは23年に利上げし、ゼロ金利を解除するとの想定が中央値だった。参加者18人のうち7人は22年中の利上げを予想した。

クラリダ副議長は就業者数が新型コロナウイルスの危機前の水準をなお700万人近く下回っていることに触れて「雇用は依然として回復期にある」と説明した。22年末までに雇用が十分な回復を遂げるとの見方を紹介した。

一方、食品とエネルギーを除く個人消費支出(PCE)物価指数がFOMCの予測通り21年に3%になるか、確実に3%を上回る場合、「私は2%の長期インフレ目標に対する『適度な』超過とはみない」と強調。「インフレの見通しに対するリスクは上向きだ」との見解を示した。

6月のコア指数の前年同月比の伸び率は3.5%と約30年ぶりの高水準となり、4カ月連続で2%を上回っている。

国債などの資産を買い入れる量的緩和の縮小(テーパリング)の開始については「今後の会合で経済の進捗を再度評価する。購入額を変更する際には事前に通知する」などと述べるにとどめた。クラリダ副議長は22年1月に任期満了を迎える。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

26件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World