メニューを閉じる
2020年10月24日(土)
7731 : 家庭用電気機器
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【光学大手】カメラと回路露光装置が2本柱。高級一眼レフに強み。

現在値(15:00):
656
前日比:
+13(+2.02%)

ニコンの17年3月期、最終赤字90億円に拡大 デジカメ不振

2017/2/13 23:25
保存
共有
印刷
その他

ニコンは13日、2017年3月期の連結最終損益が90億円の赤字(前期は182億円の黒字)になる見通しだと発表した。従来予想から赤字が30億円拡大する。市場の縮小でデジタルカメラの販売が計画を下回る。新商品の発売中止に伴う棚卸し評価損などの計上で構造改革費用も膨らむ。

「短い間にも市場は厳しさを増している」。同日開いた決算説明会で牛田一雄社長はカメラなどの市場環境について、こう語った。

売上高は前期比8%減の7500億円、営業利益は39%増の440億円を見込む。それぞれ従来予想から500億円、50億円下方修正した。

主因はカメラ関連事業の想定以上の減速だ。スマートフォン(スマホ)などの普及でカメラ市場は急速に縮小している。今期のカメラの販売台数はレンズ交換式で23%減の310万台、コンパクト型では49%減の315万台となる見通し。従来予想からそれぞれ15万台、30万台引き下げた。

加えて、昨秋発売した、全方位の映像などの撮影ができる「アクションカメラ」が振るわない。スマホなどの機器との接続性で顧客からの評価が低く、販売が想定の半分になる見通しという。

顕微鏡や測定機関連の事業も、米国の自動車向けが伸び悩み、部門別営業利益が想定を下回る見込み。液晶パネルや半導体の製造装置事業は有機ELなどの投資が活況で、利益が想定を上回るが、吸収できない。

一方、主力市場の成熟に直面する中、同社は昨年11月に大規模な構造改革を打ち出しており、この進捗は順調だ。国内従業員の1割に当たる1000人の削減などで480億円の改革費用の計上を当初計画しており、これが最終赤字の理由。13日には希望退職者を募集した結果、1143人が応じたと発表した。

今回の見直しで構造改革費用は530億円に膨らむ。収益性を重視して、コンパクトカメラ「DLシリーズ」の発売の中止を決めたためだ。苦戦するアクションカメラも今後、開発体制を見直す計画で、投資効率を意識した経営へと軸足を移しつつある。

構造改革への期待から同社の株価は5日に昨年来高値(1906円)を更新し、今も高値圏だ。来期以降、改革効果がどこまで利益を押し上げるかが焦点になる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

179件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World