メニューを閉じる
2021年4月13日(火)
7357 : 広告
JQス

【ウェブマーケティング】ウェブ検索上位表示対策からサイト制作まで幅広く手掛ける。

現在値(15:00):
1,662
前日比:
+29(+1.78%)

ジオコードの原口社長「クラウド型業務支援を拡大へ」

2020/11/26 20:00
保存
共有
印刷
その他

中小企業向けのウェブマーケティングサービスを手掛けるジオコードが26日、東証ジャスダックに上場した。初日は買い気配のまま取引が成立せず、気配値は公募・売り出し価格(公開価格、1250円)の2.3倍にあたる2875円まで上がった。同日、東京証券取引所で記者会見した原口大輔社長は国内のインターネット広告市場の伸びとともに収益拡大に自信をみせた。主なやりとりは次の通り。

――事業内容と他社と比べた強みを教えてください。

記者会見するジオコードの原口大輔社長(26日)

記者会見するジオコードの原口大輔社長(26日)

「検索エンジンでサイトを見つけやすくする『検索エンジン最適化(SEO)』対策からサイト制作まで幅広く手掛ける。ジオコードの1社でウェブマーケティングを完結できるのは他社にはない強みだ。デザイナーやエンジニアもそろっているため、迅速に要望に応じることができ、顧客側のコスト負担も抑えられる」

――新型コロナウイルスの影響をどのように考えていますか。

「企業の広告宣伝費抑制の流れで期初はダメージを受けた。6月以降は復調しており、今期も連続増収を達成できそうだ。ウェブマーケティング事業は6カ月もしくは1年契約で月額課金型のストック型ビジネスモデルだ。解約数が急増しない限りは増収し続けることは可能だ」

「緊急事態宣言が出ていた頃と比べれば、経済活動抑制は緩和されている。第3波の懸念が全くないとは言えないが、マーケティングを手掛けている電子商取引(EC)サイトは追い風を受けており、悲観していない」

――今後の成長戦略は。

「クラウド事業のひとつである、クラウド型業務支援サービス『ネクストSFA』の新機能開発と販売拡大に力を入れる。SFAとは、営業支援システム(Sales Force Automation)の略称だ。見込み顧客や商談履歴の管理、案件成立後の顧客管理まで一連の営業プロセスを可視化し、効率的に管理ができる。来期中をめどに新機能の開発を完成させたい。主力のウェブマーケティング事業との親和性も高く、売り上げ拡大も期待できる」

「主力のウェブマーケティング事業の売上高比率は95%程度だ。クラウド事業は収益基盤が確立されれば、現状の5%から15%に拡大する可能性はありそうだ。とはいえ主力はあくまでウェブマーケティングのため、大きく比率が変わることは想定していない」

――配当や株主還元の方針を教えてください。

「公募調達資金を活用し業容拡大に努める。配当のタイミングは決めていないが、まずは4~5年後を目指したい」

(鍜治美佑)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(コラム・解説)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World