メニューを閉じる
2021年1月24日(日)
1375 : 食品製造
東証1部

【キノコ製造】マイタケを中心に国内で製造、販売。マイタケの国内シェア首位。

現在値(15:00):
1,839
前日比:
+20(+1.10%)

雪国まいたけの足利社長「神明と相乗効果さらに」

新潟
信越
サービス・食品
2020/9/17 19:06
保存
共有
印刷
その他

マイタケなどキノコ類を生産・販売する雪国まいたけが17日、東証1部に上場した。初値は公開価格(2200円)を4.5%下回る2100円、終値は2090円だった。同日に記者会見した足利厳社長は「(親会社になった)神明ホールディングスとのシナジーをさらに高め、外食や中食向けの販路を広げていきたい」と意気込みを述べた。主なやりとりは以下の通り。

――初値は公開価格を下回る結果となりました。

東証1部上場後に記者会見した雪国まいたけの足利厳社長(17日、東京都中央区)

東証1部上場後に記者会見した雪国まいたけの足利厳社長(17日、東京都中央区)

「真摯に受け止めたいと思っている。当社としては今後も業務にまい進し、企業価値を高めていく。情報開示をしっかりとして、投資家に信頼される企業を目指していきたい」

――事業に新型コロナウイルスの影響はありますか。

「当社は販売量の9割が小売店向けの直販だ。外食などの業務用販路は10%にも満たない。(巣ごもり消費で)小売店の売り上げの伸びが顕著だったため、マイタケの販売にも追い風になった。ただ、コロナの流行が長期化しており消費マインドの冷え込みを懸念している。消費者の健康意識が高まっており、その需要をしっかり捉えていきたい」

――上場にあわせて株を追加取得した神明ホールディングスが親会社になりました。どう相乗効果を高めていきますか。

「西日本での販売にさらに力を入れる。西日本はもともとマイタケの消費が少ない。神明が持つ外食や中食とのネットワークで当社のマイタケを扱ってもらうなど、しっかりと販路を活用していきたい」

――今後取り組む経営課題は何ですか。

「1番は、マイタケ工場のファクトリーオートメーション(FA)化だ。昨年まで秋と冬はフル稼働で、非常に現場も苦労した。生産能力を増やすためにも、人手に頼っている包装工程などの自動化を早急に進めなければいけない」

――海外への販路拡大を目指しています。中国に参入して撤退した経緯もありますが、再参入の勝算をどう考えていますか。

「2005年に進出し、エノキダケを中国で人工栽培した。ただ技術的な参入障壁を構築するには至らず、後から参入者が増えて価格が下がり撤退した。一方、マイタケは中国でまだ人工栽培の技術が確立しておらず、参入障壁も高い。健康食品として消費者の関心も高く、中国は非常に有力な進出先だと考えている。販売面では、現地の有力な企業とアライアンスを組んで展開するのも一つの手と、考えている」

(斉藤美保)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(コラム・解説)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World