メニューを閉じる
2019年12月14日(土)
4444 : システム・ソフトウエア
マザーズ

【ホームページ制作会社】WEBサイトのデザインや運用を支援。中小企業を中心に導入進む。

現在値(15:00):
1,672
前日比:
-92(-5.22%)

インフォネットの岸本社長「使いやすさで安定顧客」

2019/6/25 19:39
保存
共有
印刷
その他

企業や自治体などのホームページ制作や運用を手掛けるインフォネットが25日、東証マザーズに上場した。初値は公募・売り出し価格(公開価格、1490円)の約2.3倍となる3430円で、終値は3740円だった。同日会見した岸本誠社長は「既存のコンテンツ管理システム(CMS)事業を伸ばしつつ、人工知能(AI)を活用した事業も強化したい」と話した。主なやりとりは以下の通り。

――事業の特徴や強みを教えてください。

インフォネットの岸本誠社長

インフォネットの岸本誠社長

「CMSを自社で開発し、運用からサポートまで一貫して手がけていることが強みだ。顧客の使いやすさにもこだわり、直感的に画面上で操作できる。一部の担当者だけでなく、多くの部門や従業員がWEBサイトの運用を簡単にできる。売上高の4割は月額利用料が占めており、安定的に収益を稼げている」

――今後はどのように成長していきますか。

「マーケティングやウェブ広告部門を強化し、既存のCMS事業を伸ばす。チャットボットシステムを提供するAI事業も強化したい」

――調達した資金はどのように使いますか。

「主に営業人員の増員にあてようと考えている」

――初値が公開価格を上回りました。

同席した日下部拓也取締役「想定以上に投資家の関心が高かった。当社への期待ということでありがたい」

――重要視している経営指標は何ですか。

日下部氏「営業利益率にこだわる。現在は20%だが、3年後には30%に引き上げたい」

――株主還元について教えてください。

日下部氏「現在は成長フェーズと考えている。当分は株式配当より、内部留保も含めて成長投資を優先したい。東証1部、2部への上場を目指す段階になれば還元も検討する」

(山中秀祐、船津龍樹、内田諭)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(コラム・解説)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World