メニューを閉じる
2019年10月22日(火)
7048 : 旅行・ホテル
マザーズ

【現地ツアー予約】国内と海外の現地ツアーの予約サイトを運営。

現在値(15:00):
1,347
前日比:
+43(+3.30%)

ベルトラの二木社長「当日予約増やしシェア伸ばす」

2018/12/25 18:54
保存
共有
印刷
その他

海外や国内の旅行に組み入れる現地ツアーのオンライン予約サイトを運営するベルトラが25日、東証マザーズに上場した。初値は公募・売り出し価格(公開価格、384円)を130円(34%)上回る514円。終値は498円だった。東京証券取引所で記者会見した二木渉社長は「当日でも予約できる商品を増やしてシェアを拡大していく」と述べた。主なやりとりは以下の通り。

――初値が公開価格を大幅に上回りました。

記者会見するベルトラの二木渉社長(25日、東証)

記者会見するベルトラの二木渉社長(25日、東証)

「日経平均が5営業日続落するなど株式相場が悪化していることの影響を懸念していたが、予想以上に多くの株主の期待を受けてこのような結果を得られた。今後もその期待に応えられるよう事業を着実に成長させていく」

――事業の強みや成長戦略を教えてください。

「約5000社に及ぶ現地企業と契約することで、145カ国・地域でのツアーを予約できるようにしている。商品の豊富なラインアップが強みだ。日本語以外に英語、韓国語、中国語でも顧客サポートをしている。評価の低い体験談などは放置せず現地の会社に必ずフィードバックするようにしているため、ツアーや現地ガイドの質の高さにつながり、顧客の高い満足度を維持できている」

「現在は出発前に予約が必要な商品が大半を占める。だが現地ツアー市場の約80%は、渡航先のホテルのコンシェルジュやフリーペーパーなど、ネットを介さない手続きで予約が成立している。こうしたいわゆる『オフライン』の世界の顧客を開拓し、シェアも伸ばしていくためにも、旅行中それも当日に予約できる商品を増やしていく」

――上場によって調達した資金はどう使いますか。

「事業拡大に向けたシステム開発がまだ追いついていない。旅行中の当日予約も含めスマートフォン(スマホ)での利用など、IT(情報技術)関連の投資に充てていく。営業人材の採用にもあてる」

――配当方針について教えてください。

「投資とのバランスをみながら、3年後の2021年をメドに配当を始めていきたい」

(亀井亜莉紗)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(コラム・解説)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World