メニューを閉じる
2022年8月17日(水)
8053 : 総合商社
プライム
日経平均採用 JPX日経400採用

【上位総合商社】住友グループの中核企業。金属取引、自動車などに実績。

現在値(11:07):
1,916.5
前日比:
+29.5(+1.56%)

ヤマハ、住友商事パワー&モビリティと共同で熱電発電による自動車のCO2排出量削減を実証

2022/5/30 16:51
保存
共有
印刷
その他

発表日:2022年05月30日

熱電発電による自動車のCO2排出量削減を実証

エンジン排熱から電力回生し2Lガソリン車で最大3.1%のCO2削減ポテンシャルを確認

ヤマハ株式会社は、住友商事グループの住友商事パワー&モビリティ株式会社と共同で(以下、両社)、自動車排気ガスの熱エネルギーから発電を可能にする排熱発電ユニットの車両実証試験(以下、本実証試験)を実施し、同ユニットの車両CO2排出量削減に対する有効性を実証しました。

*参考画像は添付の関連資料を参照

自動車の排気管に排熱発電ユニットを搭載することで、これまで有効活用されていなかった排気ガスの熱から電力を回生してオルタネーターの負荷を低減し、さらにエンジン始動時にはこの熱を使って暖機を促進することで、車両のCO2排出量を削減することができます。

本実証試験では、排熱発電ユニットを車両に搭載し、台上で電力回生量とCO2排出量を測定しました。その結果、欧州WLTP(※1)モード走行時で実測1.9%(3.9g/km)のCO2排出量を削減し、さらに同ユニットの車両搭載位置を最適化することで最大3.1%(6.4g/km)ものCO2削減効果が期待される結果を得ました。

■開発の背景

近年、脱炭素社会の実現にむけた各国の取り組みが加速しており、自動車分野においてもCO2削減が強く求められています。

熱電発電(Thermoelectric Generator、以下「TEG」)は古くから環境技術として注目され、自動車分野においてもCO2削減を実現する技術として広く開発が進められてきました。しかし、これまでの各社の検討ではTEGモジュールの性能や信頼性が不十分であったこと、また車両搭載にあたってのシステム検討が不十分であったこと等に起因し、今日まで実用化には至っておりませんでした。

両社では2021年3月より世界最高出力・最大サイズ(※2)のTEGモジュール『YGPX024(※3)』のサンプル販売を展開し市場ニーズの調査を進めてきましたが、今回、大きな市場規模でのビジネスが期待できる自動車用途において、本実証試験を実施致しました。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/633350/01_202205301634.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/633350/02_202205301634.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

68件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World