メニューを閉じる
2022年8月10日(水)
4063 : 化学・化成品 日経平均採用 JPX日経400採用

【塩ビ樹脂世界一】半導体ウエハー、セルロースもシェア高い。

現在値(13:58):
17,045
前日比:
-145(-0.84%)

信越化学工業、ウエアラブルデバイス向け材料「生体ドライ電極」と「高伸縮性配線材料」を開発

2021/12/20 15:20
保存
共有
印刷
その他

発表日:2021年12月20日

信越化学、ウエアラブルデバイス向け新材料を開発

~健康な生活と長寿を享受できる社会の実現に貢献~

信越化学工業株式会社(本社:東京、社長:斉藤恭彦、以下「信越化学」)は、心拍数や心電波形などの生体情報を、身体に装着したまま測定し、送信する機器(以下「ウエアラブルデバイス」)の特性向上に資する「生体ドライ電極」と「高伸縮性配線材料」を新たに開発しました。この材料により、ウエアラブルデバイスが備える機能、装着性と使いやすさが飛躍的に向上し、使用者に高い「QOL」(生活の質)を提供することが可能となります。

健康管理への意識や在宅治療の必要性が高まる中、ウエアラブルデバイスによる生体情報を測定する機会が増えています。特に24時間以上、肌に直接装着し生体情報を取得するヘルスパッチの場合、装着者には不快感によるストレスが生じます。また、1週間に及ぶ長期の測定ともなると、生体信号の取得が不安定となることも起こり得ます。

これらの問題の解決に向け、信越化学は以下の材料を新たに開発しました。

1)生体ドライ電極

ウエアラブルデバイスで生体信号を取得する入り口の働きをする電極として開発しました。生体適合性に優れたシリコーンをベースとし、特長は以下の通りです。

[1]装着感:シリコーンは肌に馴染みかぶれにくく、また、厚みを髪の毛と同じくらい薄くすることにより柔軟で着けていることを感じさせない。

[2]信号取得性能:シリコーンの粘着性を最適化することで、装着者の動きに追従し、安定した心電図信号の取得を実現。

[3]耐水性:シリコーン由来の耐水性により、従来のジェル電極では成し得なかった、装着したままでの入浴を可能とした。

これらの特長を有する生体ドライ電極を用いたヘルスパッチは、Holst Centre社(蘭)と共同で実施した装着の評価において、1週間に及ぶ連続装着でも安定した生体信号の取得を実現しました。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/624237/01_202112201516.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World