メニューを閉じる
2021年11月30日(火)
本社住所 〒 100-6150 東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー

NEXCO中日本とNTTドコモ、E1 東名高速道路でAIによる渋滞予測の実証実験を開始

2021/10/15 17:41
保存
共有
印刷
その他

発表日:2021年10月15日

E1 東名高速道路でAIによる新しい渋滞予測の実証実験をおこないます

~御殿場JCT~東京IC間(上り線)で2021年10月15日から実施~

NEXCO中日本 東京支社(東京都港区、支社長・松井(まつい) 保幸(やすゆき)、以下、NEXCO 中日本)と株式会社NTTドコモ(本

社:東京都千代田区、代表取締役社長:井伊(いい) 基之(もとゆき)、以下、ドコモ)は、E1 東名高速道路(東名)上り線 御殿場ジャンクション(JCT)~東京インターチェンジ(IC)において、人工知能(AI)により交通渋滞予測をする実証実験を、2021年10月15日(金)から開始します。予測した結果は、同日からNEXCO中日本の特設WEBサイト「東名の渋滞予測 TODAY」で提供を開始します。

「東名の渋滞予測 TODAY」は、ドコモが開発した「AI渋滞予知」(※1)を用いて、当日の午前中の神奈川県、静岡県、山梨県周辺の人出に基づき、東名の御殿場JCT~東京ICの上り線(東京方面)の各区間(※2)における当日の14時~24時の所要時間を予測した結果を提供します。「AI渋滞予知」は、携帯電話ネットワークの仕組みを利用して作成される「モバイル空間統計(R)」のリアルタイム版(※3)(以下、人口統計)と、NEXCO中日本が保有する過去の渋滞実績と規制情報をもとに予測モデルを構築しています。実際の各地の人出をもとに渋滞を予測しているため、昨今の新型コロナウイルス感染症に伴う外出の自粛による人出の変化や、天候などによる影響を考慮した予測が可能です。

なお、NEXCO中日本管内での「AI渋滞予知」を活用した渋滞予測をおこなうのは初めて(※4)です。

*参考画像は添付の関連資料を参照

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/619678/01_202110151735.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/619678/02_202110151735.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

243件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
  • QUICK Money World