メニューを閉じる
2021年6月18日(金)
4502 : バイオ・医薬品関連 日経平均採用 JPX日経400採用

【国内1位】医療用医薬品に集中。がん領域の新薬開発に注力。

現在値(15:00):
3,723
前日比:
-34(-0.90%)

武田薬品、Moderna社の新型コロナウイルス感染症mRNAワクチンを輸入し製造販売承認を申請

2021/3/5 17:01
保存
共有
印刷
その他

発表日:2021年03月05日

Moderna社の新型コロナウイルス感染症ワクチンの輸入および日本国内への供給に向けた製造販売承認申請について

-Moderna社の新型コロナウイルス感染症ワクチンの製造販売承認取得後、2021年前半から5,000万回接種分を日本国内において順次供給予定

当社は、このたび、Moderna社の新型コロナウイルス感染症mRNAワクチン(開発コード:TAK-919)を輸入し、日本国内へ供給するため厚生労働省に製造販売承認申請を行いましたのでお知らせします。

日本において現在実施中のプラセボ対照臨床第1/2相試験では、日本人の健康成人200例を対象にTAK-919を28日間の間隔で2回接種した際の安全性および免疫原性を評価しています。本試験成績は5月に揃う予定であり、その後、医薬品医療機器総合機構(PMDA)に提出いたします。申請資料には、Moderna社が米国において実施中の臨床第3相試験(COVE試験)の安全性と有効性の成績も含まれています。

当社の日本ワクチン事業部 事業部長である今川昌之は、「当社は新型インフルエンザワクチン整備事業で培ってきた経験を活かし、Moderna社の新型コロナウイルス感染症ワクチンを一日でも早く国民の皆様に提供できるように努めます。我々のパートナーであるModerna社や厚生労働省、さらには、日本での新型コロナウイルス感染症ワクチン供給実現に向けて臨床試験にご参加いただいた方々に心より感謝申し上げます」と述べています

2020年、日本における新型コロナウイルス感染症ワクチンの迅速かつ安定的な供給のニーズに応えるために、当社は2つの提携を公表しました。当社、Moderna社ならびに厚生労働省の三者間の合意( https://www.takeda.com/jp/newsroom/newsreleases/2020/20201029-8211/ )では、TAK-919の5,000万回接種分を輸入し、日本国内に供給することを目的としています。Novavax社との提携( https://www.takeda.com/jp/newsroom/newsreleases/2020/20200807-8192/ )は、日本におけるNovavax社の新型コロナウイルス感染症ワクチン(開発コード:TAK-019)2億5千万回接種分以上の生産能力の整備に基づいた開発、供給に関するものです。いずれの場合も、ワクチンが承認されれば、当社が日本における製造販売業者となります。

当社は厚生労働省ならびに国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)より、Moderna社ならびにNovavax社が開発中の新型コロナウイルス感染症ワクチンを日本国内において開発・供給するための助成を受けています。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/606154/01_202103051550.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

19件中 1 - 19件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World