メニューを閉じる
2021年6月22日(火)
4502 : バイオ・医薬品関連 日経平均採用 JPX日経400採用

【国内1位】医療用医薬品に集中。がん領域の新薬開発に注力。

現在値(15:00):
3,657
前日比:
-66(-1.77%)

ロシュ・ダイア、ALK融合タンパクキットの一部変更承認を申請

2021/1/27 14:18
保存
共有
印刷
その他

発表日:2021年01月27日

ALK融合タンパクキット、一部変更承認申請のお知らせ

-ブリグチニブに対する適応拡大へ向けて-

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長兼CEO:小笠原 信、以下ロシュ)は、非小細胞肺がんにおいてALK陽性患者の診断補助に用いるALK融合タンパクキットの一部変更承認申請を1月25日に行いました。武田薬品工業株式会社が販売するALK阻害剤ブリグチニブ(販売名:アルンブリグ(R))に対するコンパニオン診断薬としての承認を目指します。

ロシュが販売するALK融合タンパクキットは、現在、ALK阻害剤のうちクリゾチニブ、セリチニブ、およびアレクチニブ塩酸塩のコンパニオン診断薬として、ALK陽性非小細胞肺がん患者の診断補助に用いられています。院内検査として広く実施されている免疫組織化学染色(IHC)法を測定原理とし、ベンタナ ベンチマークシリーズの自動免疫染色装置を用いて検出を行います。煩雑な手技は必要なく、光学顕微鏡による観察ができるため、効率的で迅速な結果報告が可能です。

ブリグチニブは、ALK融合タンパクのチロシンキナーゼ活性を選択的に阻害するよう設計された次世代チロシンキナーゼ阻害剤で、ALK融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌を適応とする一次および二次以降の治療薬として、厚生労働省より製造販売承認を取得しています。ブリグチニブに対する適応拡大の承認を得ることは、ALK陽性非小細胞肺がん患者のさらなる治療アクセス改善に貢献できると確信しています。

■ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社について

スイス・バーゼルに本社を置く世界有数のヘルスケア企業であるF.ホフマン・ラ・ロシュの診断薬事業部門の日本法人です。2020年1月現在、従業員 764人、全国 9都市に支店を有し、体外診断薬・機器事業、研究用試薬・機器事業などを幅広い領域で事業を展開しています。私たちは、医療従事者の皆さまが最適な治療選択や意思決定が行えるよう、臨床検査の医学的価値および効率性を高めるソリューションをお届けします。

詳細は、 http://www.roche-diagnostics.jp をご覧ください。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

19件中 1 - 19件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World