メニューを閉じる
2021年4月13日(火)
6724 : 情報機器・通信機器
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【プリンター大手】半導体やプロジェクターも手掛ける。

現在値(11:30):
1,818
前日比:
+26(+1.45%)

JEITA、12月のパーソナルコンピュータ国内出荷実績を発表

2021/1/26 15:28
保存
共有
印刷
その他

発表日:2021年01月26日

2020年12月パーソナルコンピュータ国内出荷実績

〈パーソナルコンピュータ国内出荷 12月の概況〉

○12月の出荷台数は161万3千台(前年比167.6%)となった。うちデスクトップ:12万2千台(同44.8%)、ノート型:149万台(同216.2%)であった。ノート型比率は92.4%であった。

 出荷金額は976億円(前年比108.8%)となった。うちデスクトップ:121億円(同49.3%)、ノート型:855億円(同131.1%)であった。

12月は、法人向けが大幅に伸長し、台数は4ヵ月連続で、金額は2020年4月以来8ヶ月ぶりに前年同月を上回った。現行体系となった2007年度以降、12月単月として過去最高の台数実績となった。

○第3四半期(10~12月)の出荷台数は355万1千台(前年比143.2%)となった。うちデスクトップ:31万1千台(同44.1%)、ノート型:324万台(同182.7%)であった。ノート型比率は91.2%であった。

 出荷金額は2,254億円(前年比96.5%)となった。うちデスクトップ:320億円(同50.8%)、ノート型:1,934億円(同113.4%)であった。

第3四半期は、台数は現行体系となった2007年度以降で最高の実績となった。

○2020年 暦年(1~12月)の出荷台数は1,045万5千台(前年比107.4%)となった。うちデスクトップ:151万1千台(同58.5%)、ノート型:894万5千台(同125.1%)であった。ノート型比率は85.6%であった。

 出荷金額は8,313億円(前年比91.1%)となった。うちデスクトップ:1,516億円(同65.6%)、ノート型:6,797億円(同99.8%)であった。

暦年では、法人向け個人向けともに堅調に推移し、台数は2014年以来1千万台を超え、前年を上回った。

〈調査対象〉

・2020年度自主統計参加会社

Apple Japan(同)、NECパーソナルコンピュータ(株)、セイコーエプソン(株)、Dynabook(株)、パナソニック(株)、富士通クライアントコンピューティング(株)、(株)ユニットコム、レノボ・ジャパン(株) 計8社

※表資料は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

表資料

https://release.nikkei.co.jp/attach/603865/01_202101261524.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

84件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World