メニューを閉じる
2021年4月11日(日)
7856 : 化学・化成品
東証1部

【合成樹脂繊維の大手】土木建築向け樹脂シートが主力。産業機器も。

現在値(15:00):
1,478
前日比:
+8(+0.54%)

J&T環境と萩原工業、廃ブルーシートから再びブルーシートを製造する「Revalue+」の事業化を目指し業務提携

2021/1/26 14:07
保存
共有
印刷
その他

発表日:2021年01月26日

J&T環境株式会社と萩原工業株式会社の業務提携について

~国内初 ブルーシートの水平リサイクル「Revalue+」に向けて~

JFEエンジニアリング株式会社(社長:大下元、本社:東京都千代田区)のグループ会社であるJ&T環境株式会社(社長:露口哲男、本社:神奈川県横浜市)と、萩原工業株式会社(社長:浅野和志、本社:岡山県倉敷市)は、廃ブルーシートから再びブルーシートを製造する「Revalue+」(※1)の事業化を目指し、業務提携を行いました。

現在、廃ブルーシートはその多くが焼却処理されており、一部のマテリアルリサイクル(※2)されている再生ペレット(※3)についても、再生ペレットの品質の問題からブルーシートの原料とはならず、カスケードリサイクル(※4)されています。

そのような中、SDGs(持続可能な開発目標)の実現や、廃プラスチックによる環境汚染問題の解決へのアプローチとして、カスケードリサイクルを超えた水平リサイクル(※5)への関心が、昨今急速に高まっています。

この度、ブルーシート生産量国内最大手の萩原工業と、廃棄物の回収ネットワークとリサイクル技術を有するJ&T環境は、国内初の廃ブルーシートの水平リサイクル「Revalue+」の実現に向けて取組みを開始します。ブルーシートの循環スキームを段階的に構築し、廃ブルーシート5,000t/年を「Revalue+」の対象物として回収、リサイクルすることを目標とします。

両社はこの活動を通じ、CO2排出量削減と天然資源の使用量抑制に貢献し、SDGsへの取組を今後更に強化して参ります。

※1 「廃ブルーシートのリサイクル原料からブルーシート製品を製造すること」をJ&T環境と萩原工業でネーミングしたもの

※2 製品を原料として再生利用(リサイクル)すること

※3 粒状の樹脂

※4 品質の低下を伴うリサイクルシステム

※5 使用済み製品が資源となりまた同じ製品として生まれ変わるリサイクルシステム。廃ペットボトルのボトル to ボトルリサイクルなどがこれにあたる

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/603842/01_202101261357.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World