メニューを閉じる
2021年3月4日(木)
本社住所 〒 101-8011 東京都千代田区神田駿河台3-9

三井住友海上、「ビルトイン型保険」を開発・販売開始

2021/1/19 15:19
保存
共有
印刷
その他

発表日:2021年01月19日

~ECやシェアリングサービスの利用にあわせたワンストップでの保険加入の実現~

ビルトイン型保険の開発および販売開始について

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:原 典之)は、デジタルイノベーション(DI)推進の一環として、「ビルトイン型保険」を開発し、2021年1月より販売を開始します。

「ビルトイン型保険」は、当社のデジタル保険販売プラットフォームを、デジタルビジネス事業者(以下「事業者」)とデータ連携させて、事業者の利用者向けに販売する保険の総称です。第一弾として、国内旅行傷害保険と海外旅行保険を販売し、旅行業界をはじめとした事業者との連携を目指します。本保険を通じ、EC(電子商取引)やシェアリングサービスの利用者に対する安心・安全を提供します。

三井住友海上は、今後もお客さまニーズに合わせた商品・サービスの開発を積極的に進め、社会に貢献していきます。

1.開発の背景・目的

急速なデジタル化の進展により、ECやシェアリングサービス等の市場が拡大しています。

こうしたEC等の利用者が保険に加入しようとする場合、リスクとそれに応じた保険商品を利用者自身で特定し、利用するサービスとは別に保険加入手続きを行うことが必要でした。このため、加入すべき保険が分からない、保険加入を忘れてしまう、保険加入のための情報入力が手間等の理由から、保険加入されないケースがみられました。

ビルトイン型保険は、事業者とデータ連携し、EC等の利用者の「適切なタイミングで、必要な保険に、簡便に加入したい」というニーズに応えることを目的として開発しました。

さまざまな事業者との連携が可能であり、多くの事業者と連携することで、EC等の利用者に向けた利便性の高いサービスの実現に寄与し、安心と安全を提供することを目指します。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/603378/01_202101191438.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

76件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
  • QUICK Money World