メニューを閉じる
2021年3月6日(土)
本社住所 〒 150-8488 東京都渋谷区恵比寿1-28-1

コニカミノルタ・三井住友海上など、ガス漏洩検査カメラを活用した防災診断サービスを開発

2021/1/12 12:05
保存
共有
印刷
その他

発表日:2021年01月12日

ガス漏洩検査カメラを活用した防災診断サービスの開発について

MS&ADインシュアランスグループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:原 典之、以下三井住友海上)、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(社長:金杉 恭三、以下 あいおいニッセイ同和損保)ならびにMS&ADインターリスク総研株式会社(社長:中村 光身、以下 MS&ADインターリスク総研)は、今般、コニカミノルタ株式会社(社長:山名 昌衛、以下 コニカミノルタ)のポータブル型赤外線カメラを活用した、可燃性ガスの漏洩箇所を特定する防災診断サービスの提供を開始しました。

本サービスは、MS&ADインターリスク総研が開発したもので、従来の防災診断サービスに加えて、火災・爆発の大きな要因となる可燃性ガスの漏洩箇所を「みえる化」し特定することで、火災や事故の未然防止対策に活用していただくなど、お客様の防災・減災取組をサポートします。

1. 本サービス実施の背景

近年、国内の可燃性ガスによる火災・爆発事故は減少しておらず、全体に占める割合は増加しています。可燃性ガスの漏洩を伴う火災・爆発事故は大きな被害を及ぼすことにもつながるため、そうした事故の未然防止が社会課題となっています。そこでMS&ADインターリスク総研は従来から実施している防災診断サービスをコニカミノルタの画像可視化技術と融合させることにより、より高度な防災診断サービスを提供し、設備の老朽化や人材不足に悩む製造現場を視覚的にサポートすることで火災・爆発リスクの低減への貢献を目指してきました。

※グラフ資料は添付の関連資料を参照

総務省消防庁危険物保安室「都市ガス、液化石油ガス及び毒劇物等による事故に関する統計表」

(平成16年から平成30年)を元にMS&ADインターリスク総研にて作成

MS&ADインターリスク総研とコニカミノルタは、2020年3月に工場を保有する三井住友海上の火災保険契約者を対象に、本サービスの実証実験を行いました。その後実証実験と検証を重ねた結果、本サービスがガス漏洩箇所の特定に役立ち、ガス漏洩に伴う火災・爆発事故の未然防止に有効であると判断し、今般、正式なサービス提供開始に至りました。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

グラフ資料

https://release.nikkei.co.jp/attach/602940/01_202101121200.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/602940/02_202101121200.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

46件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
  • QUICK Money World