メニューを閉じる
2021年6月15日(火)
4502 : バイオ・医薬品関連 日経平均採用 JPX日経400採用

【国内1位】医療用医薬品に集中。がん領域の新薬開発に注力。

現在値(--:--):
--
前日比:
--(--%)

ペプチドリームと武田薬品、共同研究および独占的ライセンス契約を締結

2020/12/22 16:01
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年12月22日

ペプチドリーム武田薬品工業、共同研究および独占的ライセンス契約を締結し、神経筋疾患に対するペプチド-薬物複合体の開発へ

ペプチドリーム株式会社(代表取締役社長:リード・パトリック、本社:神奈川県川崎市、以下「ペプチドリーム」)と武田薬品工業株式会社(以下 「武田薬品」)は、神経筋疾患領域における複数のペプチド-薬物複合体(Peptide Drug Conjugate、以下「PDC」)創製に関する包括的な共同研究および独占的ライセンス契約を締結しましたので、お知らせいたします。

神経筋疾患領域においては、疾患に対する理解が進んでいる一方、治療にあたっては全身に広く存在する標的組織に治療薬を届けることが必要であり、医薬品開発の大きな課題となっています。今回の契約では、ペプチドリームとJCRファーマ株式会社が開発したトランスフェリン受容体結合ペプチドと武田薬品が選択した医薬品候補化合物によるPDC医薬品を創製することでこれらの課題に取り組み、神経筋疾患の治療薬において組織内分布プロファイルを向上させることを目標としています。

武田薬品ニューロサイエンス治療領域部門のヘッドを務めるSarah Sheikhは、次のように述べています。「武田薬品は、まれな神経疾患や神経筋疾患の患者さんの新たな治療選択肢の開発に向け、努力を続けています。ペプチドリームの革新的なペプチド技術と武田薬品の創薬・開発の強みを生かす今回の提携では、神経筋疾患の効果的治療を難しくしてきた組織内分布における課題に取り組みます。」

ペプチドリーム株式会社取締役副社長の舛屋圭一は、次のように述べています。「武田薬品とトランスフェリン受容体結合ペプチド(キャリアペプチド)を用いた神経筋疾患領域におけるPDC医薬品の創製に関する包括的な共同研究をスタート出来ることを大変楽しみにしております。神経筋疾患領域にはアンメット・メディカル・ニーズの大きな疾患が多く存在しており、その多くでは従来のアプローチによる治療法の確立が難しいのが現状です。今回の取り組みでは、JCRファーマ株式会社と当社で開発したキャリアペプチドによるPDC医薬品の創製を通じて、当該疾患領域における新薬開発に貢献していきたいと考えております。」

本契約の締結に伴い、ペプチドリームは、武田薬品から契約一時金を受領いたします。また今後、ペプチドリームに対して、非臨床および臨床試験の進捗に応じてマイルストーンフィーが支払われる可能性があります。なお、本件に関する金額等の経済条件は、二社間の契約に基づき非開示とさせていただきます。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/602277/01_202012221550.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

19件中 1 - 19件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World