メニューを閉じる
2021年2月26日(金)
2593 : 飲料・たばこ・嗜好品
東証1部
JPX日経400採用 種類株

【茶葉製品の製造販売最大手】ウーロン茶販売草分け。緑茶飲料に強い。

現在値(15:00):
5,880
前日比:
-180(-2.97%)

伊藤園、「伊藤園グループ中長期環境目標」を策定

2020/11/30 17:31
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年11月30日

すべてのペットボトルをリサイクルペットボトルに切り替えへ

「伊藤園グループ中長期環境目標」の策定

~容器包装・気候変動に関する具体的な目標を掲げます~

株式会社伊藤園(社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区)は、「伊藤園グループ環境方針」にもとづき、新たに「伊藤園グループ中長期環境目標」を策定しました。

近年は地球温暖化に伴う気候変動による異常気象、自然災害の増加、海洋プラスチックごみ問題など、地球環境問題は世界的に喫緊の課題となっており、伊藤園グループの事業活動においても重要です。当社は「お客様第一主義」の経営理念のもと、社会とともに課題解決に取り組み、人類共有の地球環境を守り、次世代に継承することが企業の社会的責任であると考えています。そこで当社は、その責任をよりわかりやすい形で明文化し、当社が向かっていく方向を社会に明示すべく、今回、「伊藤園グループ中長期環境目標」を定め、「容器包装」と「気候変動」という2つの課題に対する数値目標を設定しました。

<伊藤園グループ中長期環境目標>

1.容器包装に関する目標

今回新たに策定した「伊藤園グループ プラスチックに関する方針」(次ページ参照)に則り、リサイクル素材の利用を推進し、2030年までにペットボトルに使用するリサイクル素材等(生物由来素材を含む)の割合を100%にすることを目指します。

2.気候変動に関する目標

バリューチェーン全体でのCO2排出量削減強化のため、気候変動に関する中長期目標として以下を目指します。

「2030年度目標」

Scope1(※1)およびScope2(※2)におけるCO2排出量を2018年度比26%削減、Scope3(※3)におけるCO2排出量原単位を2018年度比26%削減することを目指します。

「2050年度目標」

Scope1およびScope2におけるCO2排出量を2018年度比50%削減、Scope3におけるCO2排出量原単位を2018年度比50%削減することを目指します。

(※1)Scope1:自社での燃料の使用による直接排出

(※2)Scope2:自社が購入した電気の使用に伴う間接排出

(※3)Scope3:Scope1、2以外のその他の間接排出

☆詳細については下記のリンクよりご確認いただけます

・「伊藤園グループ 中長期環境目標」 https://www.itoen.co.jp/csr/system/

・「伊藤園グループ プラスチックに関する方針」 https://www.itoen.co.jp/csr/environment/#30

・ホームページ: https://www.itoen.co.jp

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/600949/01_202011301729.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

79件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World