メニューを閉じる
2021年6月24日(木)
本社住所 〒 220-8611 横浜市西区みなとみらい3-1-1

横浜銀行、新型コロナウイルス感染症対応「医療機関経営安定化融資」を取り扱い開始

2020/10/28 17:01
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年10月28日

新型コロナウイルス感染症対応「医療機関経営安定化融資」の取り扱い開始について

コンコルディア・フィナンシャルグループの横浜銀行(代表取締役頭取 大矢 恭好)は、神奈川県内の医療機関への資金面での支援を強化するため、神奈川県の新たな利子補給事業に対応する「医療機関経営安定化融資」の取り扱いを11月5日(木)より開始しますので、お知らせします。

本商品は、新型コロナウイルスにより経営面で影響を受けた神奈川県内の医療機関のうち、県の中小企業制度融資の対象とならない病院を対象に、県からの利子補給により当初3年間、最大年2%の金利引き下げをおこなう融資制度です。期日一括返済型の融資で、一定条件のもと、銀行の審査において資本と見なすことができる資本性ローンでのお借り入れにも対応しています。

神奈川県では、医療機関経営改善支援事業として、病院経営の健全化を図るために必要なコンサルティング費用の一部を補助する取り組みを開始しています。横浜銀行は神奈川県と連携して、県内医療機関の経営の安定化、県内医療体制の強化を支援していきます。

【「医療機関経営安定化融資」の概要】

■対象となる方:

以下の要件をすべて満たす神奈川県内の医療機関

(1)新型コロナウイルス感染症の影響により、直近3か月のうちいずれか1か月の医業収入または医業利益が、新型コロナウイルスの影響を受ける前のいずれかの月と比較して10%以上減少していること。

(2)神奈川県中小企業融資制度の対象外であること。

 (常時使用する従業員数が、法人:300人超、個人:100人超)

(3)開設者が県、市町村、地方独立行政法人、独立行政法人国立病院機構、独立行政法人地域医療機能推進機構、独立行政法人労働者健康安全機構、または公立大学法人でないこと。

■融資金額:

10億円以内(1病院あたり)

■資金使途:

運転資金等(資本性ローンの場合に限り、借換資金も可)

■お借入利率:

・当初3年間:当行所定の金利から2%引き下げ(※)

・4年目以降:当行所定の金利

 (※)所定金利が2%に満たない場合は、実質無利子となります。

■融資期間:

1年超10年以内(資本性ローンの場合は5年超15年以内)

■ご返済方法:

分割返済または期日一括返済

■取扱期間:

2021年3月31日融資実行分まで

 (県の予算による事業のため、予算消化時点で取扱終了となる場合があります)

※本商品のご利用にあたっては、当行所定の審査があります。

※本商品についての詳細は、当行各支店へお問い合わせください。

※神奈川県の取り組む医療機関経営支援事業については、県のホームページをご覧ください。

以上

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

  • QUICK Money World