メニューを閉じる
2020年11月29日(日)
本社住所 〒 101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX

東急とNTT都市開発、ベトナム・ビンズン新都市において合弁会社を設立・12月から分譲マンションに着工

2020/10/7 15:36
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年10月7日

ベトナム・ビンズン新都市において、東急とNTT都市開発が合弁会社を設立し、12月から分譲マンション「MIDORI PARK The GLORY」に着工します

東急株式会社(以下、東急)の子会社であるBECAMEX TOKYU CO.,LTD.(以下、ベカメックス東急)と、NTT都市開発株式会社(以下、NTT都市開発)は、ベトナム社会主義共和国・ビンズン省の省都ビンズン新都市において合弁会社「H9BC INVESTMENT COMPANY LIMITED」を2020年7月に設立し、分譲マンションMIDORI PARK The GLORY(ミドリパーク ザ・グローリー)」(以下、本物件)に2020年12月から着工します。

本物件は、地上24階建て総戸数約1,000戸の分譲マンションで、2023年春の竣工・引渡を予定しています。また、本物件は、「家族とゆとりのある時間を過ごしたいアッパーミドル層向け大規模レジデンス」をコンセプトに、「高級感のあるデザイン」で「充実した共用施設」をもつ分譲マンションを計画しています。本物件の共用部には、NTTグループのNTTイーアジア株式会社(以下、NTTイーアジア)との連携により、クラウドWi-Fiシステムを導入し、高品質な通信環境を提供すると共に、ベトナムのマンションでは初めての「コワーキングスペース」を設置することで、多様な働き方のニーズに対応します。

ビンズン省は、ベトナム最大級の都市であるホーチミン市の北部に隣接し、人口約240万人の都市です。ベトナム全国でホーチミン市・ハノイ市に次いで3番目となる約4,000件の外国直接投資(FDI)誘致実績を誇り、外国企業の工場の集積、それに伴う人口増加が進んでいます。

東急は、2012年から8年間、ビンズン新都市(総面積約1,000ha)において、「東急多摩田園都市」の開発で蓄積したノウハウを活かして、現地の文化・慣習と融合した街づくり「東急ビンズンガーデンシティ」プロジェクトを推進しています。これまでに、低層・高層の住宅4街区、商業施設2施設の開発や、学校・医療機関の誘致、2014年から路線バスの運行による交通網の整備を行うなど、さまざまな都市機能の集積に加え、イベントの実施による街の賑わい創出なども行っています。今後も、ホーチミン市をつなぐ新たな路線バスの整備を行うなど、さらなる人口流入を促進し、ビンズン新都市の発展に貢献していきます。

NTT都市開発はこれまでに英国・米国・豪州での不動産開発事業に参画してきました。本物件は、アジア地域において初となる参画案件となり、今後東南アジアでの事業拡大を視野に入れています。またNTTグループとしては、ビンズン省のスマートシティー化に向け、東日本電信電話株式会社が2018年3月にBECAMEX IDC CORPと通信・ICT分野での協力覚書を締結し、両社傘下のVietnam Technology&Telecommunication JSCとNTTイーアジアとの共同事業として、FTTHサービス、クラウドWi-Fiサービスを軸とする各種ICTサービス等を展開していきます。

※参考画像は添付の関連資料を参照

両社は、東急の現地での8年間の経験を通して培ってきた施工・運営のノウハウと、NTT都市開発がこれまでの海外事業で得た開発力を活かして、本物件の価値向上に寄与してきます。

詳細は別紙の通りです。

以上

※別紙は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0541351_01.png

別紙

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0541351_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

47件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
  • QUICK Money World